宮崎生目 明星鍼灸治療院 

鍼灸アロマ でスポーツ選手、女性を全力サポート

*

原因不明の症状!実は隠れ貧血が原因だった!!

   

こんにちは!
寒さも厳しくなり、
体調を崩されている方も、だんだんと増えているようですが、
皆様お身体の調子はいかがでしょうか?


当院の患者様も風邪で寝込まれてしまう方も
増えてきました。

特に妊活を頑張られている方には
妊活には風邪は大敵ですので
しっかり用心されてください。


さて、
先日当院に御来院くださいました、
2児のお子さんを育児中の私の親友との
ストーリーを少しだけ紹介します。

A:今日はどうしたの?

B:なんかさ、
  頭がくらくらしてめまいがあるんだけど
  貧血検査では異常はないって言われたんだけど、
  身体も疲れがどれないし、
  気持ちも不安定で、旦那さんにあたってしまうし、
  仕事も少し始めたせいなのか。。。
  肩こりも、頭痛もあるんだよね。。
  息苦しさもあるし

A;うんうん そうなんだね。。
  検査結果でフェリチン値は測った?
  どれくらいだった?
  フェリチンは鉄を蓄えるタンパク質の事で
  いわゆる鉄の貯金の事!
  貧血検査では一緒に測られないことがあるんだけど、、
  

B:確か測ってもらった気がする。。
  どのくらいだったかな。。?
  でも低かった気がする!そういえばお医者さんに
  貯金はほとんどないって言われた!!

A:フェリチン値は
  理想は100くらいだよ!
  帰ってまた検査結果わかったら、教えてね!


という問診中に話をしました

親友の顔を見ると、
真っ青で、見るからに貧血のような顔をしていて
とても辛そうでした。


施術が終わり、
悪くなっていた身体の循環を良くしたり、
気血を補う治療を行い
顔の赤みも増してスッキリしてましたので
一緒に来られていた旦那さんも
ホッとされていました。


後に
驚く結果を
親友からいただきました。

なんと
フェリチン値が5.0!!!!!!!!

親友の許可をいただきブログに使わせていただきました。

私の親友も

自分でもびっくりしたけど、
原因不明の症状で悩んでいたから
原因がわかってよかった(^^♪
これから鉄を取るように頑張る!!

といってくれました。


親友は
昨年の
12月に2人目を続けて出産。

毎月月経のある女性は
意識して鉄を取らなければ、
ほぼほぼ貧血。。

それゆえに、2人の子供を続けて出産し、
今も授乳中です。

出産では多くの鉄が奪われるうえに
あまり1人目と2人目の間も短かったので
鉄を蓄えれぬまま
2回目の出産を経験、、

授乳でも日に日に鉄は取られていきます。

そうすると、
もちろん鉄は空っぽですね。

それに気づかない方や
この事を知らない方は今でもたくさんいらっしゃいます。


さて、
鉄が不足するとどのような
症状が起こるのか皆さんご存知ですか?

まずは、
あなたの症状が当てはまるか
チェックを行ってください。


〇 氷や雨を噛みたくなる。
〇 爪が割れやすく、平らになていて柔らかい。
〇 抜け毛が多い
〇 経血の量が多い。
〇 歯ぐきから出血しやすい。
〇 アザがよくできる
〇 出産経験がある。
〇 生理前に不調がある。
〇 疲れやすい、軽い運動で動悸や息切れ
〇 めまい、頭痛、ふらつきがある
〇 冷え性
〇 イライラしがち
〇 肉や魚をあまり食べない。

以上です。

当てはまるものが
4つ以上は注意が必要で、
6つ以上は危機的状態です。

他にも病院で
一度フェリチン値をはかって
ご自身の状態がどうなのか知るのも大切です。


鉄が不足すると
身体の中でどのようなことが起こるかというと、

脳内ホルモンが不足したり
ミトコンドリアの中でエネルギー(ATP)をつくるうえでも
鉄は必須ミネラルの一つです。


鉄は心に働きかける栄養素なんです。





鉄が不足している方は
・パンやパスタなどの糖質中心の食事で、
 鉄の豊富な、赤みのお肉や魚を食べることが少ない方。

・出産経験や生理があるかた。汗をよくかく方やアスリート。

といった方が多くいのが現状です。


鉄を消費している分、
日頃の栄養が足りていないと貧血になります。

生理の無い男性でも、
アスリートの方は
床に激しく足を打ち付けるような競技は
打ち付ける際にもヘモグロビンが破壊されて
貧血になりがちになっているようです。


鉄が不足すると
●ミトコンドリアで効率よくエネルギーが作れなくなる
●イライラや憂鬱、神経過敏などの精神症状が出やすくなる
●粘膜の代謝が悪くなって、胃腸障害や飲み込みにくさがでる。

といった症状が現れます。

産後うつや
うつ、パニック障害なども
鉄不足が原因で起っているケースもあります。


鉄は、
身体の中で酸素や栄養を
各組織へ運ぶ車の役割があります。

運ぶ車が少なくなると、
たくさん酸素や栄養をとっても
臓器にいきわたることもが難しくなっていきます。


症状に心当たりのある方は
お肉や魚を積極的にとり、
鉄のサプリメントを日頃から利用するのもGOOD!!


良かったら試してみてください。

以下は
オススメの書籍と
鉄のサプリメントです。




 - 鍼灸アロマ日誌 , , , , , , , ,