宮崎生目 明星鍼灸治療院 

鍼灸アロマ でスポーツ選手、女性を全力サポート

*

患者さんから、嬉しいお知らせが!!

      2015/09/14

 

今日はとても、嬉しい一報がはいって来ました(^_-)-☆

5日前にご出産され、母子ともに健康に無事に終えられたそうです。( ;∀;)

本当に良かったです!
お子さんがまだ小さいので、今回は往診という形で、産後ケアをさせて頂きました!

出産後は、骨盤や、内臓の位置もまだ不安定ですので、
私生活でも激しく動いたり、無理をされることをお勧めしません!

また、妊娠中や出産後に手首の腱鞘炎になられることもあります。

今回の患者さんも、出産前から何も無理なことをして腱鞘炎なったわけではなく、
自然に両手首に痛みが現れました。
それに使いすぎ以外にも、ホルモンのバランスが原因しています。

妊娠・出産の際に多く分泌されるプロゲステロンは、腱鞘(腱を包んでいる筒のようなもの)を収縮させる作用があるため、摩擦による腱鞘の損傷が頻発します。ここに育児で授乳や、赤ちゃんを抱くのが不慣れな時に、身体の使い方が悪くて、腱鞘炎を発症することももちろんありますが、ホルモンの変化で腱鞘炎が頻発することもあるということも、頭に入れられておくといいですね(^^♪

また、出産以外にも
更年期を迎えると、エストロゲンの分泌が急激に減少します。エストロゲンには腱や腱鞘の弾力性を保持する働きがあります。これが失われるため、腱鞘炎の発症リスクが高まります。

まだ、お子さんも小さく、なかなか治療院いけない方でも
往診させて頂きますの、その際は是非ご相談ください(^^♪

 

 

 

 

 

 


 - 院長ブログ