宮崎から各地へ 明星鍼灸治療院 

鍼灸アロマ ヨガ でアスリート、女性サポート

*

慢性病と急性病について

      2023/05/05

 

 

季節の変わり目はいつも体調が悪いという方もいらっしゃいますが、
その反面、その時期にもとても元気な方もいます。

それは日々養生を意識して過ごしている方と
そうでない方の違いがあるからです。

 

 

痛みや不調には

大きく慢性疾患急性疾患に分けられます。

 

急性疾患は主に
・ぎっくり腰
・寝違い
・風邪
・捻挫
・急性胃腸炎
・スポーツ外傷
 など。

 

慢性疾患は、
・偏頭痛
・花粉症
・肩こり
・慢性腰痛
・便秘
・疲労骨折
・腱鞘炎
・無月経、月経不順
・坐骨神経痛
・生活習慣病
・スポーツ障害
  など

 

私の見解としてはこのように分類させていただきました。

 

 

疲労骨折や腱鞘炎に関しては
慢性病から急性病へ移行するパターンが多いですが
積み重ねた疲労により起こることが多いので
慢性病へ分類しました。

 

 

急性病に関しては
痛みや炎症症状が急激に発生するので
罹患してからおよそ2〜3日は、体の辛さを強く感じますが
治るスピードもわりと速やかです。

 

 

しかし慢性病に関しては、
じわじわとした違和感が長く続き、
その分、痛みの変化がない状態が続くので
治り方も良くありません。

 

急性期の痛みでは
投薬や、安静にすることで
症状を改善することができます。

 

しかし慢性病に関しては
症状がなかなか改善せず、悩まれている方も多いと思います。
また、慢性病でも一度改善したけれど、また同じような症状を繰り返してしまう
という方もおられると思います。

 

 

慢性病がなかなか改善しない原因は
痛みや不快な症状を改善できる体の準備ができていないという事です。

 

つまり、
不調を元の状態に戻す力を失ってしまっているという事なのです。

 

それはにもちろん原因がありますので
そのための体作りが必要になるという事です。

 

 

慢性疾患に関しては
失ってしまった体の機能を整えることが
早期に不快な症状を改善する為に最も大切になります。

 

偏頭痛や月経困難症、生活習慣病 などに関しては
生活習慣を整える生活養生
栄養や食材にこだわった食事を摂るための、食事養生を日々行なうことは
切っても切り離せないものかと思います。

 

肩こりや慢性腰痛に関しても
硬くなってしまった筋肉や関節をお持ちの方は、体の柔軟性を改善することや、
猫背や反り腰のように、悪くなってしまった骨格を改善する為にのアライメント(骨配列)の改善
また、いつの間にか使わなくなって、
だんだん落ちてしまった筋肉を取り戻す為に、筋力強化をする事で
日々の生活で苦しんでいた不快な痛みとさよならする事ができます。

 

また、
そのような養生を日々行うことで
慢性病の予防に努める事が出来ます。

 

規則正しく過ごすことや
自炊、ストレッチやエクササイズが必要だということは
皆様ご承知の上かと思いますが、
具体的にどうして必要なのか?
また、自分に最も何が必要なのか? など
わからない方が多いのではと思います。

 

そんな時は
専門的な方に聞く事がベストでもありますし
本などを読んで参考にされることもいい事だと思います。

 

東洋医学やその中の鍼灸治療に関しては
急性、慢性疾患のどちらにも良い効果をもたらしてくれます。

 

病院で診てもらったけど
器質的な所見が見つからず、
化学治療を行なっても改善する事が出来なかったという方や
投薬は苦手だという方には、

積極的に鍼灸治療や東洋医学を参考にした養生を
取り入れていただきたいなと思います。

 

皆様が日々の暮らしがさらに快適なものになります事を
心からお祈りしております。

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

Photo: 上米良未来

 

 

 

 

 

 


 - 鍼灸アロマ日誌 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,